Profile




宇野八岳

Kazutaka UNO
 

 

 1983年、埼玉県生まれ。中学時代に祖父よりミノルタSR-T101を与えられ、写真を始めた。県立の工業高校を中退した10代後半はバイクに熱中し、ガソリンスタンドで働きながら峠に通う。18歳のとき、全日本ロードレース選手権に参戦していたプロレーサーの先輩に弟子入り。筑波サーキットでホンダの250ccレーサーを走らせる。

 20歳のとき、「9.11テロ」をきっかけに膨れ上がった「世界を知りたい」欲求から、大学入学資格検定(大検)を取得する。大検取得後は東京国際大学国際関係学部国際報道学科に入学。2009年の春に卒業。同年、月刊誌DAYS JAPAN主催のフォト・ジャーナリスト学校に参加して、国内外のジャーナリスト、写真家に指導を受ける。

 スクール修了後は肉体労働やバーテンダーをこなしながらフリーのフォトグラファーとして活動する、これまで28の国と地域でノンフィクションのドキュメンタリー撮影を行い、作品は『アサヒカメラ』『週間現代』『DAYS JAPAN』などの雑誌で発表する。

 東日本大震災の取材以降は、嫁の郷里である種子島に移住。島の山間部に位置する「なかわり生姜山集落」で、嫁の取り組む「なかわり生姜山農園」の事業に巻き込まれる形で、無農薬の生姜づくりと自然栽培の米づくりを始める。現在は農業、林業、カフェ経営と雑多な経験を活かし"多足のわらじ"を履き分けながら写真を続けている。

 

日本写真協会会員

種子島ヤクタネゴヨウ保全の会会員

屋久島森林管理署非常勤職員

海の家CafeSeed店長

Cafe&Restaurant Ginger Villageシェフ

 

Photo Storyへ